1. ホーム
  2. いばらき水体験
  3. 太陽光発電Q&A

いばらき水体験

太陽光発電Q&A

Q どのような仕組みで発電しているの?

太陽電池パネル太陽電池パネルはN型半導体とP型半導体を重ねたものでできています。
パネルに太陽光が当たると、P型半導体にマイナス電子が生まれ、N型半導体にはプラス電子のような働きをするホールが発生します。

Q 天気が悪い時はどうなるの?

悪天候時太陽光発電システムは、天気や気温によって発電量が変化します。
悪天候時も発電しますが、曇りの日は2分の1から10分の1、雨天時は5分の1から10分の1程度の発電量になるといわれています。もちろん日が沈んだ夜間は発電できません。
水戸浄水場の実績では、1日当たりの平均で3,600kWhの発電状況となっています。

Q どんなところで使われているの?

人工衛星腕時計や電卓をはじめスプリンクラーや道路標識、照明など、私たちの身の周りで利用されています。最近では住宅用として屋根の上にも良く見られますし、ソーラーカーも開発されてきています。
他にも、人工衛星に使われるなど、太陽電池パネルは様々なところで使われています。

アンケート

企業局ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る