1. ホーム
  2. 水道水の放射性物質測定結果について(東日本大震災情報)

水道水の放射性物質測定結果について(東日本大震災情報)

東日本大震災関連情報(被害及び復旧状況)

東日本大震災では、広域停電により一時はすべての浄水場で送・配水停止に陥りました。
また、企業局が所管している11浄水場のうち、液状化した鰐川浄水場をはじめ10浄水場が沈澱池のひび割れや電気機械設備の損傷等、合計76箇所で甚大な被災を受けました。
更に、37市町村に送水している水道用水の管路及び276社304事業所に配水している工業用水の管路においても、亀裂の発生や継手部離脱等、合計130箇所で被災がありました。

このような状況の中、水を送ることを最優先に、地元建設業者や設備メーカー約70社の協力を得て、24時間態勢で応急復旧等に努めました。
また、(独)水資源機構が所管する霞ヶ浦用水の管路が大規模被災を受けたことから、機構と綿密な連携を図りつつ工期の短縮を図りました。
その結果、早いところは当日から、また、約2週間後にはすべての配水場及び事業所に送・配水を再開することができました。

※霞ヶ浦用水:関城浄水場及び新治浄水場の水源は、霞ヶ浦用水から供給を受けている

 

また、福島第一原子力発電所事故による放射性物質の影響については、事故発生後の平成23年3月から蛇口での測定を続けておりますが、平成23年10月からは浄水場での測定を開始し、結果を公表しております。さらに平成24年4月からは厚生労働省の通知に基づき原水(浄水場で処理する前の水)についても測定を始めました。

アンケート

企業局ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る